English Scone

ちょっと小話・・・

先日mioさんからのコメントで
「濃厚なクリームが手に入らない!!」ということで。

ウチのシェフに一か八かで(笑)どこかで買えないか聞いてみたら、
Zehrsでおいてないかなぁ?」というので、(スーパーです・・)
う~ん、でも探したけどどこでも取り扱いしてなくて、
牧場にまで問い合わせしたのにないって言われたらしい・・・と説明すると、
「じゃ、今度の仕入れで取り寄せてあげるよ」と言われました。

ええっ!!!でも、ちょっと待った~!

クリームなんて要冷蔵のもの、トロント行っても翌日にしか渡せないから
持って行けません~(汗)って言ったら、
「クーラーは持ってないのか?ホテルに冷蔵庫があるだろう?」
なんて弱音を吐いているんだ!!!くらいの勢いで、
結局、仕入れることに。

そうしたら!!!濃度は高いクリームだけれど、
欲しがってるクリームとは違~う!!007.gif

仕入れられたのは、DEVENSHIRE CREAMまたの名をCLOTTED CREAM

イギリスではスコーンに塗って食べる半固形のクリーム。

シェフ「このクリームを持っていくなら一緒にスコーンを作ってもっていけ」と。

私なんかがmioさんにペイストリーを持っていくなんて絶対ムリ!って
シェフに、どうして私がそう思うかを、みおさんのブログを見せて説明しました。

が、「ウチのレストランのペイストリー担当がなんと言う!自信持って行って来い!」と。

ま、シェフからしたら自分の教えが不十分なのか!と憤慨するのも当たり前か・・・
と思い、この1年少しの間、お世話になったシェフへの思いもこめて、
このクリームと共に、イングリッシュスコーンもお届けすることに。

と、小話のつもりが長話になっちまいましたが・・・

コチラがそのクリーム↓
f0111926_2258515.jpg


ラッピングは、サランラップでスイマセン(笑)
f0111926_2303840.jpg




いやぁ、イギリス人にクリームやスコーンについて話させると
大変なことになるってことを習いました(笑)
[PR]
by chi_cor | 2009-10-28 09:48 | Baking