Secret Garden

泣いても笑ってもあと2日しかない!あっという間の1ヶ月でした。
前半はお天気も悪くあまり外をブラブラできず、行こう行こうと思っては予定変更。
そのため今日まで延ばし延ばしになってしまいました。

初めにPoint Greyへ向かいウロウロしたのですが、すぐに飽きて
お腹も空いていなかったので何も食べずじまい。

じゃ、次行こかー と再びバスに揺られ、乗換えなんかも合わせると約1時間ほど?
到着したのはKerrisdale
こちらは私も初めてなので、どこに何があるやら全く分かりませんでした。

なぜここにこんなものが?とりあえず写真におさめながら食べるところを探します。

f0111926_1227798.jpg



しばらく歩いたのですが目ぼしいものが見当たらず。
バスからチラッと見えたグリーンの何やらオシャレっぽい入り口のお店、
一か八かちぇっくしてみようと行ってみたら、そこはなんと・・・

Secret Garden!!!

f0111926_12304934.jpg


これは運命だったんだわ~♪ といそいそと中へ入りました。

f0111926_12313893.jpg


人気店だし、予約もしてないし、車椅子OKだったっけ・・と不安でしたが
ちょうど入ってすぐの窓際の席が空いていてラッキーでした♪

f0111926_12324963.jpg


店内全て女性客で埋め尽くされている理由が分かる気がします 笑

f0111926_12343639.jpg


みなさん楽しそうにおしゃべりに花を咲かせながら、美味しいお茶とお菓子を
楽しんでおられました。ランチのサンドイッチもかなり美味しそうでしたが、
誘惑に負けず、ハイティーを楽しむことにしました。

ベストセラーと印されていたので母はCreamy Earlgrey、私はSecret Gardenをチョイス。

f0111926_12345839.jpg


どちらも人気が高いはず。どちらもとっても美味しいです♪
二人でお互いのをお互いに飲み比べしていると、お待ちかねの登場です。

f0111926_1240977.jpg


美味しそう~!!!!!

母: ウイッスラーのより豪華で美味しそう!

イがィじゃないのみでなく、今度は小さいッまで入ってます 笑


ではアップで下のサンドイッチから。

f0111926_12422384.jpg


オーダーの時にベジタリアンかどうか聞いてくれたので、シーフードはOKだと伝えたら
ちゃんと対応してくれて、美味しいサンドイッチが楽しめました♪

真ん中はエッグサラダ、クロワッサンにはグリル野菜(ズッキーニと赤パプリカ)とジェノベーゼ。
もう一つのクロワッサンにはチキンサラダ。黄色いパンはパンプキンブレッドで、シュリンプサラダ。
もう一つはローストビーフのサンドイッチでした。

このクロワッサンのパリパリ食感にビックリしましたー!
こんなクロワッサン食べたの生まれて初めて。
どうやったらこんなサクサクに焼けるのかと不思議でたまりませんでした。


続いて真ん中のお皿のアップ。

f0111926_12482738.jpg


アプリコットスコーンとズッキーニ・チョコ・バナナブレッド。
色の白い綺麗なスコーン、味もとっても美味しかったです。
このバナナブレッドも甘すぎずとっても美味しいのですが、2個食べると
次のデザートが食べられない!と思ったので、1つはお持ち帰りすることに。

そして一番上のお皿のアップ。

f0111926_1251153.jpg


レモンカードタップリのタルトにアマレットがたっぷり利いたスクエアケーキ、
チョコレートピーカンパイにはホイップクリームで作られたスノーマンが♪
可愛くて食べられないー!そしてお腹いっぱいで絶対にムリー!!

ほんと質と言い、量と言い、味と言い、お値段と言い、すべてウィスラーのとは比べ物にならない。
店内も可愛いし、お店の名前もなんだか隠れ家的で女心をくすぐられる感じ。
これがすべて人気の秘訣なんですね、きっと。


帰りにsecret gardenのお茶葉を買いました。
探したけれど、クロワッサンは見当たりませんでした・・残念。





f0111926_12593270.gif
Secret Garden
5559 West Boulevard, Vancouver, BC
(604) 261-3070
Afternoon tea's Reservations can be made for:
12pm, 2:15pm and 4:30pm, every day of the week

wheelchair accessible : △
店内狭め。トイレ付近まではOKですが中までは無理。その辺りに座ってられる方にいちいち動いてもらわなければならなくて、邪魔になって申し訳なかった・・
[PR]