Sit skiing

I was scared when I first saw the sit ski I was gonna get on.
I haven't ski or snowboard for about 12 years and I was so nervous.

I tried mono shit ski. It was not easy to balance at first.
The instructor hold me from right behind and train me how to ski.
We were at easiest course all day and kept skiing, skiing and skiing.

I could understand what they say but my body wouldn't work as I want :(

"Stance and Balance" that's all what you need.




。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:



いよいよシットスキー体験初日がやってきました。お天気はまずまず。

道具の説明やバランスの取り方を聞きながら、小屋の中で自分にあったシットスキーを
セッティングしてもらい、外に出てリフト乗り場までインストラクターに後ろから押してもらいます。



こちらはマジックカーペットと呼ばれる新型リフト。

f0111926_130974.jpg


ベルトコンベヤーのようなスライド式のリフトで、初心者でも安心して乗れる優れもの。


こちらがシットスキー↓

f0111926_1334137.jpg


足首、ヒザ、ウェストもしっかり固定されてまったく身動きできません。 汗
手に持ったリガーと呼ばれるストックのようなものをコントロールして左右に曲がります。

基本は上体を真っ直ぐ安定させて、背もたれにすっかりもたれるように座り、
両手は体の両脇にほぼピッタリとつけ、リガーの先を外に向けておきます。

曲がる時は上体を少し前に倒しながら、曲がりたい方向のリガーをドアを開けるように
前に出し広げます。曲がり始めると同時に上体と手を元の位置に戻し、次のターンに備えます。


と、頭では分かっているのですが、なかなか体は付いてきてくれません!! 汗
練習あるのみですね。




。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:




Roundhouse Rodgeでランチの後は、別型のシットスキーに乗せてもらいました。

f0111926_13121219.jpg


これは私にコントロールする必要はまったくなく、後ろから押してもらって
スキー感覚を楽しむ乗り物は、まるでサイドカーのような乗り心地でした。 笑

なんだか懐かしい雪の感触が蘇り、いつかまた自分でスキーができたらなぁと思いました。

f0111926_13184613.jpg



さて私がこのシットスキーを楽しんでいる間、Coryさんは昔むかしに経験した
スキーの感覚を呼び覚まそうと悪戦苦闘。 笑

私に付いてくれていたインストラクターさんに合間合間に指導をしてもらい、
フォームもなかなかいい感じになって満更でもない様子♪


楽しい一日はあっという間に終わってしまいました。
[PR]
by chi_cor | 2011-03-03 17:39 | Travel BC