タカ先生の寿司教室 アドバンスクラス

。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:*:・゚。.:



今日はお寿司教室初のアドバンスクラス、お魚1本さばきましょう!コースがありました。
生徒各自一人1本魚をさばくお寿司教室なんて、世界中どこ探してもないらしいですが、
準備も大変なそんなクラスを用意、実践してくれるタカ先生ってすごいですね♪

f0111926_1426039.jpg


目の前で、大きな鮭1本があっという間にフィレ状態です。

そして各自に配られたタイ1匹♪

f0111926_1428306.jpg


もちろんタカ先生がデモンストレーションしながら、一歩一歩手引きしながら
頭を落として(内臓はすでにとってあります)、3枚に。皮をひいて、、

f0111926_14304165.jpg


先ほど手際よくさばかれた大きなサーモンは各自でお刺身にして、さらに鯖も飾り包丁
を入れたら、本日のお刺身プレートの出来上がり~♪

f0111926_14311523.jpg


とても簡単に出来上がった風ですが、久しぶりにものすごーく集中したので、
ここまでくるともうクタクタでした。 笑


教室の終わり時間も迫っていたので、ちらし寿司と小鉢のみをちゃちゃっと作って
今日のクラスは終了となしました。(太巻きは材料をくださったので、おウチで。)

f0111926_14354589.jpg


おっと、スィートプラウンを忘れてはいけませんでした。
これも名前の通り、とっても甘くて美味しかったです♪ご馳走様でした。

f0111926_14371719.jpg


いやぁ、やっぱりお魚1本ってさばき甲斐がありました。もっともっと練習して、
短時間でもっともっと綺麗にさばけるようになるとカッコいいんだけどな。






先日たずねられたので、1つ1つ写真を撮りながら巻いてみました♪

①海苔はざらざらの面を上にして、筋が横になるように置きます。

f0111926_14443846.jpg


②ご飯を3/4乗せます。ご飯粒を潰さないように、丁寧に端までしっかりと広げます。
※ここでご飯をぎゅっぎゅと押しつけてしまうと、固いお寿司になってしまいます。

f0111926_14474356.jpg


③ラップの上にひっくり返し(ご飯がまな板に引っ付かない)、

f0111926_14495480.jpg


ご飯を乗せなかった海苔部分が手前に来るように縦長に置きます。

f0111926_14575161.jpg


④海苔の真ん中辺りに具を重ねます。似たような色が隣同士にならないようにすると、切ったときに綺麗です。

f0111926_14583335.jpg


⑤巻きます。ご飯のついていない海苔のみの部分を具の下にしっかりと巻き込んで、ここでぎゅっとしっかり締めます。※すると具がずれずに綺麗なお寿司が巻けます。

f0111926_151483.jpg


⑥最後まで巻きます。

f0111926_1204037.jpg


⑦⑥の真上、真ん中に同じ大きさの海苔を置いて、

f0111926_1523869.jpg


⑧包みます。

f0111926_1211846.jpg


⑨海苔の綴じ目を下にして置き、

f0111926_1214318.jpg


⑩巻きすを上に乗せて、軽く抑えて形を整えたら出来上がり。

f0111926_1553462.jpg




美味しい太巻きの完成です♪

f0111926_1221013.jpg

[PR]
by chi_cor | 2012-02-11 18:23 | Canada Life